近頃の子どもの命名に思うこと

幼稚園の運動会(かけっこ)

「悪魔くん騒動」と聞いて、あーそういえばそんなこともあったねとなる人は、そろそろ子供がいてもおかしくない年代の人だろう。自分に子供が産まれて命名するとき、「自分がつけた名前とともに、この子は一生を生きていくんだな」と思うと、普通なら気持ちが引き締まる。子供への命名は即ち子供への思いそのものだからだ。この名前だからいいとか悪いとかではなく、その名前をつけた思いは必ずその後の子育てにもつながる。例え周囲の人から、「そんなおかしな名前」とか「キラキラネーム」とか揶揄されるような名前をつけたのだとしても、その思いが真剣で、かつその後その子を大切に育て慈しみ、幸せに育てたとしたならば、その名前は‘いい名前’になるんだと思う。逆に周囲から「素敵な名前だね」と言われるような名前を付けたとしても、その子への思いよりも自分のセンスを優先し、それがその後の子育てにも表れてその子の気持ちが邪険に扱われるようであれば、それは‘いい名前’とは言えないのかもしれない。

詳しくはこちらの記事へ
→ 生姜焼きで晩酌

まあ、どんなに思いがこもっていても、「あなる」とか「らぶほ」とかは、もうちょっとよく考えてあげたほうがよかったんじゃ…と思ってしまうけれど。

我が家の子供たちの名前はそれほど変わった名前ではないけれど、よくある名前でもない。クラスに何人もいる名前だと面倒なことが多そうだから避けたいけれど、あまり奇をてらった名前をつけたくはなかったので、その辺は気を付けたつもりだ。だけどそれでも私の両親には、「そんな名前つけて…」と言われてしまった。周りにどう思われようと、自分たちの思いがこもった名前なんだから、と思いつつも、やはり否定されるのは悲しかった。いつか孫が産まれて、子供たちが命名したら、「素敵な名前だね」と言ってあげよう。でもその頃には私もくそババアになっていて、「そんな名前つけて…」とか何とか言ってしまうのかもしれないけれど。